TEL
LINE@
 
カラー・白髪染め

【ヘアカラー】染める頻度はどのくらいが最適なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛を染めるタイミングで最適な周期はどのくらいなのか?

気になってから染める方も多いですが、染めるタイミングは目的によって異なります。

あなたも目的に合わせてヘアカラーの頻度を決めてもいいかもしれませんね。

 

 

ヘアカラーで染める頻度はどのくらい?

ヘアカラーをする頻度は、目的によって異なります。

早い方がいいこともあれば、遅くてもいい場合もあります。

では、その頻度について目的別にまとめていきます。

 

 

あなたが髪を染める目的は?

髪を染める目的は、大きく分けてこの3つになります。

  1. 明るく染めていて退色してきた
  2. 根元のプリンが目立ってきた
  3. 白髪が生えてきた

それぞれの目的によって、染めるのに最適なタイミングがあります。

 

 

明るく染めていて退色してきた

明るく染めると、「退色」といってヘアカラーで染めた色味が落ちてきてしまいます。

退色して色味が落ちてくると、ヘアカラーで染めた髪の毛は本来の髪色に戻り、明るくみえることがほとんどです。

その明るさを抑えるために少し暗めのヘアカラーで染めるか、色味が落ちてきたのでまた色味を入れるためにヘアカラーで染め直すかです。

どちらもヘアカラーの色味が抜けて退色してしまっているので、また染め直します。

日々の生活の中で、ヘアカラーの色味は徐々に抜けていってしまいます。

抜けてしまった退色によるヘアカラーの頻度は、約1か月~2か月が最適です。

 

 

根元のプリンが目立ってきた

ヘアカラーをしていて染まっている髪の毛は明るいままですが、生えてくる髪の毛は黒髪なので黒く感じる暗さで生えてきます。

その生えてきた黒さと、染めている明るさのギャップが「プリン」となっていきます。

このプリンの差が目立ち始めるのが1か月~1か月半(45日)となりますので、この期間が最適となります。

 

 

白髪が生えてきた

白髪が生えてくると、「プリン」と同じように白髪の明るさと、黒髪との差が出てしまい目立ってきてしまいます。

白髪はたった数本でも気になってしまうのは、白髪の明るさにあります。

黒髪は黒いのでとても暗い色になります。

ヘアカラーで染めた明るい色でも、白髪よりは明るくありません。

白髪の明るさは、金髪よりも1.5倍ほど明るいので、たった数本でも目立ってしまいます。

そのため、そめる頻度はとても明るく目立ってしまうので3週間~1か月が最適です。

 

 

まとめ

  • 「明るく染めていて退色してきた」

    約1か月~2か月

 

  • 「根元のプリンが目立ってきた」

    1か月~1か月半(45日)

 

  1. 「白髪が生えてきた」

    3週間~1か月

 

*最適な周期よりも早く染める事もあるかと思いますが、ヘアカラーは頭皮への影響がないわけではありませんので、頭皮に異常やかゆみなどを感じましたら、控えてくださいね。

 

 

こちらも参考にしてみてくださいね

【ヘアカラー】35歳を越えても、髪の毛を綺麗でツヤツヤにするヘアカラー

 

【白髪染め】白髪の原因は?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加