TEL
LINE@
 
カラー・白髪染め

妊娠中に美容院でヘアカラーしても大丈夫なの!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘアカラーをされている方は、妊娠中になるとヘアカラーを避ける方もいらっしゃいます。

妊娠期にもっとも気になるのは、ヘアカラーによる体内への影響があるのかどうか。

染めても子供への影響はないのかが心配だという声をよく聞きます。

妊娠中にプリンになってしまったら、あなたはどうしますか?

 

 

【ヘアカラー】妊娠中のヘアカラーはしても大丈夫なの!?

妊娠の時期は誰にも予測がつきません。

妊娠を逆算してヘアカラーを計算してすることもできません。

日常的にしていたヘアカラーを、そのまま続けていってもいいものなのか?

 

 

妊娠中のヘアカラーは大丈夫なのか!?

結論から言いますと、あまりお勧めはしていません

妊娠期のヘアカラーによる体内への影響は報告されていないので確実な情報はありませんが、頭皮への影響は確実にあるので、体内への影響も否定はできません。

少しでも心配な方は、「妊娠期〜授乳期」までは避けた方がいいでしょう。

 

 

どうしてもヘアカラーをしたい場合は!?

それでもしたい方に、妊娠期のヘアカラーの注意点になります。

  • 頭皮を外して染める
  • 頭皮に保護剤を塗る
  • 中間〜毛先の明るい箇所を根元に合わせて暗く染める
  • ハイライトなどのプリンが目立たない施術をする
  • オーガニックのもので染める

 

この中で一番影響が少ないのは「オーガニックで染める」になります。

その他のヘアカラーは、塗っている時に頭皮についていなくても、シャンプーする時にどうしても頭皮に付着してしまうので、完全に避けられるわけではありません。

以上の注意点をふまえて、ヘアカラーをするかどうかはご自身の判断になります。

 

 

こちらも参考にしてみてくださいね

【ヘアカラー】染める頻度はどのくらいが最適なのか?

 

 

【ヘアカラー】まとめ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加