清澄白河・門前仲町の美容院・美容室つむぎ 縮毛矯正・シルク髪質改善トリートメント・傷んでいるダメージ毛を艶髪へ

清澄白河の美容院「つむぎ」

カラー・白髪染め

カラーリングをしてキレイな髪の毛を保つコツ【ヘアカラー】

「つむぎ美容院と鍼灸院」ではカラーリングでキレイな髪の毛を保っていただくために

こだわりを持ってカラーリングの施術を行っています

 

 

  • カラーリングを続けて傷みが気になりはじめた
  • 繰り返しカラーリングをしていたらパサパサになってきた
  • 手触りが悪くなってきた

 

 

カラーリングをされているお客様からお聞きした、今までしてきたカラーリングの感想の一部です

 

どうしてもカラーリングをすると「傷んでしまう」というイメージがあるかと思います

実際にカラーリングは薬剤を使用するので絶対に傷まないわけではありません

 

  • ブリーチを繰り返す
  • 明るいカラーリングを毎回毛先までする

 

この2つは特に髪の毛へのダメージが多いです

 

どちらも明るくする目的になるので

薬剤が「明るくする=パワーが強い」ので髪の毛への負担も大きくなります

 

ヘアカラーは適切な処理をしないまま続けていくと

ゴワゴワ・パサパサ・色持ちも悪くなってしまいダメージが髪の毛に蓄積してしまいます

 

ではどうすれば髪の毛への負担を軽減できるのかというと

大きく分けて2つあります

 

 

 

1.カラーリングは根元にしかしない(リタッチ)

毛先の明るさが気にならなければリタッチ(根元染め)をオススメしています

 

カラーリングをした髪の毛は色が抜けてくると明るくなります

 

毛先の明るさを変えないのであれば毛先はカラーリングしないで

根元の方だけカラーリングをするリタッチ(根元染め)をします

 

毛先の方はカラーリングのダメージを負うことなく根元だけカラーリングできます

 

 

 

2.カラー剤に含まれるダメージ成分をしっかり除去する

カラー剤には「アルカリ剤」と言うダメージ成分が配合されています

 

このアルカリ剤があることで髪の毛を膨潤させて

カラー剤に含まれる染料を髪の毛の内部に浸透させる役割があります

 

普段なら膨張しないはずの髪の毛を化学反応を起こして膨潤させる力があるので

髪の毛への負担になります

 

カラーリングをしたのち、シャンプーしてもアルカリ剤は髪の毛に残ってしまうので

シャンプーしたから大丈夫だと思っていると

髪の毛は日に日にダメージを重ねて傷んでいってしまいます

 

カラーリングでダメージを負わせないためにも

「つむぎ美容院と鍼灸院」ではアルカリ剤を除去することができます

 

髪の毛にできるだけダメージ成分を残さないことが

キレイな髪の毛へ近づく大切なステップとなります

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

1.カラーリングは根元にしかしない(リタッチ)

 

2.カラー剤に含まれるダメージ成分をしっかり除去する

 

あなたの髪の毛のためにも、この2つが髪の毛をキレイにする一歩だと覚えておいてください

 

「つむぎ美容院と鍼灸院」はあなたの髪の毛をキレイすることを約束します

 

 

 

カラーリングを安心して任せられる美容院をお探しのあなたへ【ヘアカラー】

キレイなカラーリングをしたいあなたへ【ヘアカラー】

予約をする時の不安はこの方法で解消できます

希望やお悩みが伝わる美容院・鍼灸院をお探しのあなたへ

縮毛矯正・ストレートパーマのお悩み解決美容室

 

 

-カラー・白髪染め

Copyright© 清澄白河の美容院「つむぎ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.