カット

【お悩み】美容院で髪の毛を梳いてもらうと短く切られてしまう?

2017/10/12

美容院にカットをお願いして来店した時に

「梳(す)いてください」というオーダーをして

失敗された経験はありませんか?

【お悩み】美容院で髪の毛を梳いてくださいって言うのですが、いつも短く切られてしまいます。

髪の毛が多く感じるので、「梳いてください」と

美容師さんにオーダーすると、いつも思っていたより

仕上がが短くなってしまう。

あなたもそのような経験ありませんか?

どうして髪の量を梳いてもらうだけなのに

思っていた仕上がりよりも短くなってしまうのか?

それは、「オーダーの仕方」と「髪の毛の梳き方」

に問題があります。

 

一般的に髪の毛を梳くというのは

「髪の毛の量を軽くする」ということになります。

髪の毛の量を軽くするのにも

美容師さんへの伝え方で変わってきます。

「オーダーの仕方」

毎回思っているよりも短くなってしまう方は

「髪の毛を軽くしてもらいたいけど長さは変えたくない」

という伝え方がシンプルで伝わりやすいです。

「長さより軽くするのが重要」だと思われてしまうと

長さは短くなっても、軽ければいいと思われてしまいます。

言葉のニュアンスですが、その言い方一つで

あなたの気持ちが伝わりますよ。

「髪の毛の梳き方」

大きく分けて二種類の梳き方があります。

  1. 梳きバサミで梳く
  2. ハサミで削る

それぞれに特徴があります。

1.梳きバサミで梳く

*ハサミの隙間があいているのが特徴

この空いている隙間の分だけ髪の毛が逃げるので

切れる分量を調節できます。

【良い点】

  • 髪の量を少なくしやすい
  • 早く切れる
  • 梳きバサミによって助ける量が違う

【悪い点】

  • 梳きすぎてスカスカになりやすい
  • 短い毛を作りやすいので広がりやすくなることもある

2.ハサミで削る

*梳きバサミと違い、切りたいところは全部切れます。

量を調整したりするのには不向きとされていますが

使い方次第で梳きバサミよりも活躍してくれます。

【良い点】

  • 切りたい箇所を細かく調整しやすい
  • 切ったところの判断がしやすい
  • 切り方によって効果を出しやすい

【悪い点】

  • 間違えて切ってしまったらなおせない
  • テクニックがないと量の調整が難しい
  • 慣れていないと時間がかかってしまう

髪の毛の量の梳き方には種類があり

使い方によっては長さも変わってしまうこともあります。

あなたのなりたいスタイルに近づける髪の毛の量の梳き方を

美容師さんと相談して長さが短すぎず

思っていた長さに仕上げてもらってくださいね。

こちらの記事も参考にお読みください。
髪質改善で満足していないあなたのお悩みを、シルク髪質改善トリートメントで解決します

  • この記事を書いた人

いしかわ とおる

【清澄白河の美容院「つむぎ」院長】 一般的なサロントリートメントをしても改善しない事に疑問を抱き、様々な薬剤を研究しています。 縮毛矯正 髪質改善トリートメントを日々追求し、髪の毛のお悩みに真摯に向き合って約18年。 様々な髪質に対して最適な処方を施術しています。