清澄白河・門前仲町の美容院・美容室つむぎ 縮毛矯正・シルク髪質改善トリートメント・傷んでいるダメージ毛を艶髪へ

清澄白河の美容院「つむぎ」

髪のお悩み相談室

【ヘアケア】髪の毛をキレイにするにはブラッシングはした方が良いんですか?

ブラッシングはした方がいいのか?

髪の毛は日々ダメージをいかに受けないように守ってあげられるかで

キレイな髪の毛になっていきます

 

このようなヘアケアができれば一番良いです

  • 毎日しっかり自宅でトリートメントをしている
  • 美容院でヘアケアをしてもらっている
  • 髪の毛に良いとされるシャンプー・トリートメントを使っている

 

髪の毛は日々のヘアケアを変えるだけでよくなってくれます

あなたは日々のヘアケアでブラッシングはされていますか?

一番手軽な「ブラッシング」について知っていただくと

髪の毛は驚くほどキレイになってくれます

 

 

 

髪の毛をキレイにするにはブラッシングはした方が良いんですか?

 

「ブラシで髪の毛をとかすブラッシング」なんて毎日やってるから特別なことでもないと思われがちですが

ブラッシングをしないなんて方も多くなってきました

ヘアケアの基本中の基本ですが、ここでブラッシングを侮ってはいけません

ブラッシングの髪の毛への効果はとても素晴らしいもので想像以上の効果です

始めるなら今からでも遅くはありません!

「ブラッシング」の良さを知っていただいてぜひ始めてみてください

 

 

ブラッシングで頭皮と髪の毛の汚れを落とす

髪の毛には見えないホコリ・汚れがついています

その汚れのほとんどはブラッシングによって落とすことができます

 

髪の毛についている汚れは

  • ホコリ
  • 整髪料
  • 皮脂
  • 脱毛した髪の毛

 

こういった汚れや髪の毛の付着物をブラッシングでとってあげると

髪の毛への負担も少なくなり、シャンプーの泡立ちもよくなりますので

髪の毛のダメージを軽減できるのでブラッシングはとても大切です

 

 

 

大人女性の人には言えない薄毛の改善にも効果的なブラッシング

薄毛で悩んでいる女性は少なくありません

薄毛の原因は様々ですが髪に毛がやせ細り、抜け落ち、栄養が髪の毛に行き届いていないのも原因となります

 

頭皮をブラッシンングすると適度な刺激になりますので

血行の巡りも良くなり髪の毛にも栄養が届きやすくなります

 

:だからと言って頭皮を強くこすりすぎると傷ついてしまって逆効果なので
ブラッシングはあくまでも優しく行ってください

 

 

 

パサパサになってしまう髪の毛にも潤いを与えてくれます

髪の毛のパサパサは洗い流さないトリートメントやヘアオイル・ヘアクリームで

パサパサを抑えていませんか?

それでもパサつきは抑えられますが、私たちは頭皮から天然の皮脂が分泌していますので

その皮脂を根元にとどまらせておくだけでなく

髪の毛の毛先にも皮脂を与えてあげることで潤いを与えてくれます

 

 

 

正しいブラッシングは正しいブラシ選びから

髪の毛のツヤを出巣にはクシやブローで使うブローブラシでは効果があまりありません

クシは粗めなので頭皮の皮脂を髪の毛に届けられず

ブローブラシでには皮脂があまりつかないようになっているものも多いので効果があまりありません

 

ブラッシングにはブラッシング用のブラシがオススメ

ブラッシング用のブラシにもいくつか種類がありますので
それぞれの特徴から合うものをエアランでいただくといいかと思います

 

・動物の毛で作られたブラシ

ブラシの素材は「イノシシ」や「豚毛」で作られたブラシが主にあります
動物の毛なので毛質が柔らかくて頭皮や髪の毛に負担が少ないのが特徴になります

ブラシの密度が高いのでブラシの間に雑菌やホコリが溜まりやすいのでお手入れはしっかりしてください

 

・ナイロン製・ポリエチレン製のブラシ

軽さと使いやすさが特徴ですが値段もお手頃なものが多いです

動物の毛で作られたブラシと比べてブラシの間が広いのでお手入れがしやすく衛生的です

 

 

 

毎日使うからこそ清潔に保ちたいブラシのお手入れ方法

使えば使うほどブラシも汚れがついていってしまいます

  • 髪の毛
  • ホコリ
  • 汚れ
  • 皮脂
  • 雑菌

これらの汚れはジャンプー剤でも落とせます

ブラシにシャンプー剤をつけて泡立ててからしっかり流す

ここでシャンプー剤は残らないようにしてください

ブラシを乾燥させる時は天日干しがオススメです

しっかり乾かしきってからご使用ください

 

毎日使うものだからこそしっかりお手入れしてくださいね

 

 

 

ブラッシングはいつすればいいの?ブラッシングのタイミング

ブラッシングのタイミングはいつがベストなんでしょうか?

昼間は髪の毛をスタイリングしていてブラッシングすることができないので

「朝と夜」がベストなタイミングになります

朝は寝起きで寝癖もついていることも多く髪もまとまりが悪くなっていますので

朝にブラッシングしてあげることでスタイリングがしやすく髪の毛もキレイに整います

 

夜は二度行いことをオススメします

  • お風呂に入る前
  • 寝る前

お風呂に入る前にブラッシングしてあげることで

髪の毛の汚れ・脱毛・整髪料などが取れてくれますので

シャンプーも泡立ちやすく髪の毛の負担が軽減できます

 

寝る前のブラッシングは頭皮の血行を良くして健康な髪の毛を作る手助けをしてくれます

 

 

ブラッシングの正しい方法と注意点

ブラッシングを効果的にするための方法と注意点をご紹介しますね

 

ヘアケア製品をつけるならブラッシング前に

髪の毛がパサついていたり指通りが悪かったりした時につけるヘアケア剤を

ブラッシングの前につけてあげることでブラシの通りも滑らかになり

髪の毛へのダメージも軽減できます

 

髪の毛のまとまりがわるくパサパサしているようだと

静電気が起こりやすいので髪の毛にダメージを与えてしまい

  • 枝毛
  • 切れ毛
  • アホ毛

の原因となってしまいます

 

ヘアクリームやヘアオイルなどのトリートメントを先につけておくと

髪の毛も潤ってブラッシングによるダメージも防げます

 

 

 

髪の毛がもつれたり引っかかりやすい毛先から

根元からいきなり毛先に向けてとかすのはやめてください

髪の毛がひっかかってしまい無理やりとかそうとすると髪に毛が絡まり

ひどい時には髪の毛がちぎれてしまいます

 

毛先の絡まりがなくなってきてから根元から毛先に向けて

無理に引っ張らずに優しくブラッシングしてください

 

髪の毛もキレイに収まって枝毛・切れ毛になるのを防げます

 

 

 

ブラッシングはあくまでも優しくすることがとても大切

髪の毛をキレイにすることが目的なので

強くブラッシングしてしまうとかえってダメージになってしまいます

 

頭皮も優しくブラッシングしてあげると心地よい刺激で効果的ですが

刺激が強すぎると頭皮を傷つけてしまって負担をかけることになってしまいます

 

「心地よい力加減」を心がけて優しくブラッシングしてあげてください

 

 

 

ブラッシングはキューティクルの向きに合わせて

髪の毛の表面にはキューティクルという

ダメージから髪の毛を守ってくれている層があります

 

キューティクルは根元から毛先に向かっているので

根元から毛先にかけてブラッシングしてください

キューティクルが整ってよりキレイな髪の毛に近づけます

 

キューティクルの向きに逆らってブラッシングしてしまうと毛羽立ってしまい

キューティクルを痛めてしまうと髪の毛のダメージにもなりますので

優しく根元から毛先に向けてのブラッシングをしてあげてくださいね

 

 

 

髪の毛がキレイになるのは日々のケアから

間違ったケアを続けてしまうとかえって髪の毛が傷んでしまいます

しっかりとしたヘアケアを知ることで髪の毛はキレイに生まれ変わります

 

あなたの髪の毛がキレイになりますよう

ぜひ日々のヘアケアを試してみてくださいね

 

 

 

それではショートカット・ボブ・ストレートパーマ・縮毛矯正が得意な

「つむぎ 美容院と鍼灸院」 院長 石川徹 でした^^

ではでは〜

 

 

 

市販のヘアカラー剤でホームカラーをしても大丈夫ですか?

【永久保存版】ホームケアで気をつけることはなんですか?

縮毛矯正・ストレートパーマのお悩み解決美容室

カットでの失敗をしない・されないためにもカットのこだわりが大事

つむぎ美容院の5つのこだわり

-髪のお悩み相談室

Copyright© 清澄白河の美容院「つむぎ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.