清澄白河・門前仲町の美容院・美容室つむぎ 縮毛矯正・シルク髪質改善トリートメント・傷んでいるダメージ毛を艶髪へ

清澄白河の美容院「つむぎ」

カラー・白髪染め 髪のお悩み相談室

【白髪染め】市販の白髪染めでダメージを負ってしまう理由

市販の白髪染めの種類はとてもたくさんあります。

ありすぎて迷ってしまうほど市場に溢れています。

その中で自分で染める白髪染めを選ぶ場合に考えることは

  • どのくらいの明るさにしようか?
  • どのくらいに色味にしようか?
  • クリーム系にしようか?
  • 泡タイプにしようか?

様々な選ぶ理由があります。

どの種類の市販の白髪染めを選んでも、一つだけ変わらないものは「ダメージ」です。

 

 

 

【白髪染め】市販の白髪染めでダメージを負ってしまう理由

  • 市販のカラー剤で染めたらすごく髪の毛が傷んだ
  • 根元からギシギシになった
  • 指通りが悪くなった
  • 毛先が引っかかるようになった
  • 広がるようになった

市販のカラー剤を使ったことで起きた、ダメージの悩みの一部です。

 

市販の白髪染めは強めに作られている

誰もが同じ効果になるように市販の白髪染めは作られています。

どれでも同じように染まってくれるためには、白髪染めを強めて染まりづらい人にも染まらないといけません。

そのために、どの市販の白髪染めもしっかり染まるように強い薬で作られています。

 

 

市販の白髪染めは自分で染める場合には時間をおきすぎる

市販の白髪染めの強さは、美容院で染めるよりも2倍の負担がかかります。

特に何かをしながら染めている方がとても多いので、ながら作業をしていると白髪染めが髪の毛についてからとても時間が経ってしまい、とてもダメージを負うことになります。

 

 

どうしても染めたい箇所以外にも白髪染めがついてしまう

白髪染めで髪の毛にダメージを負わせないためには、染めたい箇所以外にはつけないことです。

白髪染めは髪の毛のついた箇所に反応して染めていきますので、つかない箇所には影響がありません。

泡タイプの白髪染めは広範囲に簡単についてくれるのが特徴ですが、染めたくなくても簡単についてしまうのでダメージは避けられません。

 

 

どうすれば白髪染めで傷まないの?

  • 自分で染めないで美容院で染めてもらう
  • 泡タイプではなくクリームタイプを使う
  • 決められた時間がすぎたらしっかりシャンプーして白髪染めをおとす
  • 毛先まで染めないで根元だけにする

 

 

染める限り傷まないことはありません。

傷むものであっても傷みにくくすることはできますので、白髪染めでのダメージが気になってきたら気をつけてみてください。

 

 

 

こちらも参考にしてみてくださいね
↓ ↓ ↓
【白髪染めのタイミング】白髪染めは清澄白河の美容院「つむぎ」がオススメ

【ヘアカラー】美容院で染めてもらうのと市販のカラー剤で染めるのとでは、色ムラが違いますか?

【お悩み】美容院でヘアカラー・白髪染めのダメージを抑えるためのオーダーはこの3つ!

 

 

-カラー・白髪染め, 髪のお悩み相談室

Copyright© 清澄白河の美容院「つむぎ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.