お悩み相談室

【艶のある髪へ】ダメージはどこから?「薬剤編」

2017/10/30

髪の毛へのダメージの原因の一つ「薬剤」による負担。

あなたは薬剤による髪の毛への負担で何が一番大きいか分かりますか?

一番負担が大きいのは縮毛矯正と言われています。

その次に負担が大きいのはデジタルパーマです。

髪の毛を大きく変化させるものは負担も大きいです。

【艶のある髪へ】ダメージはどこから?「薬剤編」

艶のある綺麗な髪の毛にするには、髪の毛への負担が極力ないほうがいいです。

ヘアスタイルを楽しむためにする施術で、髪の毛への負担がある薬剤はこちらになります。

  • ヘアカラー
  • ホームカラー
  • ブリーチ
  • パーマ
  • デジタルパーマ
  • エアウェーブ
  • ストレートパーマ
  • 縮毛矯正

この中で唯一ご自分で家でできるのは「ホームカラー」になります。

他は美容院でやってもらうメニューになります。

髪の毛の色の変化や、パーマメニューによる動きの変化をつけるのにも負担はかかります。

負担を0にすることはできませんが、負担がかからないように最善を尽くすことはできます。

ヘアカラーのダメージを軽減させるには?

一度ヘアカラーをした箇所は、明るさに関係なく負担がかかっています。

毎度ヘアカラーを根元から毛先まで染めてしまうと、新しく生えてきた新生毛は初めてのヘアカラーなので一度のダメージになりますが、一度以上染めている箇所に関してはさらに負担をかけることとなります。

毎回毛先まで染めるのではなく、伸びてきた根元部分のリタッチにすることで髪の毛への負担は格段になくなります。

毛先の方は染めていないのでダメージ0です。

毛先まで染める場合には、髪の毛を傷ませてしまう成分の除去なども美容院でしてもらうのが一番傷みません。

明るさに関しても、明るければ明るいほど髪の毛への負担は大きくなります。

カラー剤の中でも群を抜いて明るくできるブリーチが、一番髪の毛への負担が大きいです。

「明るさ=ダメージ」

明るさは分かりやすいですが、暗くても薬剤の力が強ければダメージはもちろん大きいので、髪質に合った薬剤の剪定をしっかりしてもらいましょう。

パーマのダメージを軽減させるには?

パーマはヘアカラーと違って毛先からかけるので、ダメージを避けられません。

毛先にいけばいくほど蓄積したダメージの経歴が重なってくるので、さらにダメージを負うことになります。

ダメージは避けられませんが、薬剤を弱くしてもらうことで負担を少なくすることはできます。

もちろん髪の毛の負担を軽減させられるトリートメントもしてあげたほうがよりいいです。

ストレートパーマ・縮毛矯正の負担を軽減するには?

ストレートパーマ・縮毛矯正を何ヶ月かおきにかけているのであれば、すでにかかっている中間から毛先にはかけないで根元だけであれば負担は根元だけになります。

現在かかっていなくて、広がってしまうなどの理由で毛先までかける場合は注意が必要です。

髪の毛のダメージの蓄積を把握し、最適な薬剤と方法で美容院でかけてもらいましょう。

髪型を変えるメニューとして、薬剤は避けて通れません。

艶のある綺麗な髪の毛になるには、しっかりとしたケアと負担を極力かけないことです。

ぜひ参考にしていただいて、綺麗な髪の毛で過ごしてください。

  • この記事を書いた人
アバター

いしかわ とおる

【清澄白河の美容院「つむぎ」院長】 一般的なサロントリートメントをしても改善しない事に疑問を抱き、様々な薬剤を研究しています。 縮毛矯正 髪質改善トリートメントを日々追求し、髪の毛のお悩みに真摯に向き合って約18年。 様々な髪質に対して最適な処方を施術しています。

-お悩み相談室
-,

© 2020 tumugi Powered by AFFINGER5