お悩み相談室

【ゴワゴワ・パサつき】原因の一つ「ダメージ」を防ぐことで綺麗な髪の毛に

2017/11/04

ゴワゴワ・パサつきの原因はいくつかあります。

  • 「ダメージ」
  • 「泡カラー」
  • 「海水浴やプール」
  • 「乾かさないで寝る」

今回はこの中の「ダメージ」について。

【手触りを悪くする原因】

「ダメージ」

髪の毛のダメージが原因で手触りが悪くなります。

  • すぐ引っかかる
  • 広がる
  • 髪の色がすぐ明るくなる
  • 枝毛が多い
  • 指通りが悪い

髪の毛がこのような状態になった経験はありませんか?

ダメージが髪の毛に蓄積すると傷んでいってしまい、最悪の場合ちぎれてしまうことも。

そのような状態にならないように、ダメージを防ぐために気をつけること。

「美容施術で気をつける」

美容施術とは、薬剤によって髪の毛に何らかの変化をさせる施術のことです。

  • カラー
  • パーマ
  • ストレート・縮毛矯正

大きく分けるとこの三つになります。

「カラー」

ご自宅で市販のカラー剤で染める方も多くいらっしゃいますが、その時に染め方や置く時間などを必要以上にしないことでダメージを最小限に抑えることができます。

美容院で染めてもらうにも注意が必要で、毎回毛先まで染める場合は特に気をつけてください。

新しく生えてきた地毛の部分だけ染める場合には一番髪の毛への負担がないと言えます。

ヘアカラー剤にも種類があり、明るくするものと暗くするものとありますが、どちらも傷まないわけではありません。

髪の現状のダメージに合わせて、ヘアカラー剤の強さもコントロールしてもらいましょう。

「パーマ」

パーマは美容院でしできない特別な美容施術の一つです。

髪の毛を曲げたりすることでボリューム・ニュアンスを出すことができます。

パーマの種類は大きく分けて3つあります。

  • コールドパーマ
  • デジタルパーマ
  • エアウェーブ

現在はこの3つのパーマからかけることになります。

髪の毛がパーマによって曲がることによって、手触りが悪くなることがあります。

その原因は「過度な薬剤パワー」「ダメージの蓄積」「細かいウェーブ」です。

美容院でパーマをかけてもらう際には十分注意してかけてもらいましょう。

「ストレートパーマ・縮毛矯正」

こちらもパーマと同様で美容院でしかできない施術です。

美容施術の中では一番髪の毛への負担が大きく、トラブルが多い施術です。

そのため、経験と知識がない美容師さんが髪の毛にダメージを与え過ぎて「ビビリ毛」と言う、取り返しのつかない状態にさせてしまうトラブルもあります。

そうならないためには、「毛先までの施術は避ける」「なるべく経験のある美容師さんに施術してもらう」「縮毛矯正が得意な美容師さんをネットで探す」

一度負ってしまったダメージは回復できないので、ダメージをさせないように施術できる美容師さんを探すのがオススメです。

  • この記事を書いた人
アバター

いしかわ とおる

【清澄白河の美容院「つむぎ」院長】 一般的なサロントリートメントをしても改善しない事に疑問を抱き、様々な薬剤を研究しています。 縮毛矯正 髪質改善トリートメントを日々追求し、髪の毛のお悩みに真摯に向き合って約18年。 様々な髪質に対して最適な処方を施術しています。

-お悩み相談室
-,

© 2020 tumugi Powered by AFFINGER5