清澄白河・門前仲町の美容院・美容室つむぎ 縮毛矯正・シルク髪質改善トリートメント・傷んでいるダメージ毛を艶髪へ

清澄白河の美容院「つむぎ」

髪のお悩み相談室

【ヘアアイロン】髪の毛を傷ませない温度はどのくらいがいいですか?

毎日のスタイリングで欠かせないアイテムの一つである

「ヘアアイロン」で髪の毛を傷ませない温度は

どのくらいがいいのか?

 

 

 

清澄白河の美容院と鍼灸院
「つむぎ 美容院と鍼灸院」
Instagram → つむぎ 美容院と鍼灸院

 

 

 

【ヘアアイロン】髪の毛を傷ませない温度はどのくらいがいいですか?

一般的なヘアアイロンの出せる温度は

120°C〜200°Cが平均です。

 

これだけ温度の変化をさせられるのは

髪の毛の太さ・硬さ・ダメージによって

クセのつき方や傷み方が違うため

温度を変えられるようになっています。

 

ヘアアイロンの適度な温度は状態によって異なりますので

こちらを参考にしてみてくださいね

 

 

ヘアアイロンを使い始めの温度

まだヘアアイロンを使ったことが無い方は

どうしても使い方で手こずってしまいがちです。

 

髪の毛を巻きつける際にアイロンを当てる時間が長すぎてしまうと

負担が増え、ダメージを蓄積してしまうので

まずは150°C〜160°Cで使ってみてください。

 

 

 

使い慣れてきた時の温度

ヘアアイロンを使い慣れてくると

使い始めの頃に比べればスタイリングの時間も

短縮できてきますので、温度も高めにできます。

 

しっかり髪の毛にクセがつく温度は180°Cです。

 

あまり髪の毛を引っ張りすぎずにスタイリングしてみてください。

 

 

 

髪の毛に傷みを感じる時の温度

アイロンの使い方によっては

髪の毛をとても傷めてしまうこともあります。

 

引っかかったり、広がってしまったり。パサパサしていたり

髪の毛が傷んでいるように感じたら130°Cまで温度を下げて

これ以上髪の毛が傷まないようにしてください。

 

 

傷んでしまうアイロンの温度

ヘアアイロンの温度だけでいうと130°C以上の熱を

髪の毛に与えてしまうことはダメージにつながります。

 

ただ、髪の毛をスタイリングをする上では低い温度ですので

しっかり熱を与えてあげてクセをつけましょう。

 

注意すべき3つ

  • 高温で何°Cも同じ箇所にヘアアイロンを当てないようにする
  • 髪の毛がしっかり乾いている状態で使用する
  • 洗い流さないトリートメントをつけてから巻く

 

この3つは特に注意してヘアアイロンを使って

スタイリングしてくださいね。

 

 

こちらも参考にしてみてくださいね
↓ ↓ ↓
【永久保存版】ホームケアで気をつけることはなんですか?髪のお悩み相談室✂︎

【第一印象を若々しく見せる】髪の毛を綺麗にするコツと綺麗に保つ秘訣

【永久保存版】髪の毛を綺麗にする美容師が教えるシャンプーのコツ

 

 

 

気になる「スタッフ紹介」はコチラをクリック!男性美容師 院長「石川 徹

口コミまとめ

◇女性鍼灸師 「鮫島 珠亀

【鍼灸院】初めての方へ

 

「料金」はコチラ

【美容院】料金

【鍼灸院】料金

 

「つむぎ」詳細はページ一番上の「III」←このマークをクリック♪

 

「ご予約方法」はコチラ

【ご予約】と【お問い合わせ】

 

それではショートカット・ボブ・ストレートパーマ・縮毛矯正が得意な

「つむぎ 美容院と鍼灸院」 院長 石川徹 でした。

ではでは〜

-髪のお悩み相談室

Copyright© 清澄白河の美容院「つむぎ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.