お悩み相談室 パサつきについて

【くせ毛4種類】あなたのくせ毛はこれかもしれない?!

2017/11/28

くせ毛の悩みはほとんどの方が抱いている悩みの一つです。

日本人の役9割はくせ毛と言われています。

ただ、「くせ毛」と言っても種類があり、それぞれの特長によって髪型への影響が違います。

【くせ毛4種類】あなたのくせ毛はこれかもしれない?!

くせ毛の種類は大きく分けて4種類になります。

  • 直毛
  • 波状毛
  • 縮毛
  • 連珠毛

髪の毛の全部が同じくせ毛ということは、あまりありません。

全体の9割であることもあれば、一部だけくせが強いということもあります。

それぞれのくせ毛の特長について考えていきましょう。

直毛・ちょくもう

  • とてもまっすぐな髪質
  • 艶があり整っている
  • コテで巻いてもすぐに取れてしまう
  • ボリュームが出にくい
  • 何をやってもまっすぐなので、変化が欲しい

とてもまっすぐで、くせがつきにくく変化を持たせにくい髪質のこと。

くせ毛の人からしたら、くせがない事がとても羨ましいとされる髪質です。

コテで巻いてもすぐ取れてしまうので、スタイリングが難しいことも。

まっすぐであるとボリュームが出にくいので、ぺったんこになりやすい。

まっすぐな事に飽きているので、パーマなどで変化をつけたい。

波状毛・はじょうもう

  • 緩い波状のくせ
  • 毛先がハネたり、うねりが目立つ
  • 髪質によってはボリュームが出てしまう
  • ブローやアイロンで伸ばせばまっすぐにできる
  • ストレートパーマで落ち着かせられる
  • カットによってはパーマのような髪型になる

緩く波打つようなくせ毛。

うねりが出るのが特長で、髪質が硬かったり太かったりするとボリュームが出やすくなるくせ毛。

伸びてくると毛先にうねりがあるので、ハネてしまうことも。

うねりがあまり強くないくせ毛で、ブローやストレートアイロンなどで伸ばしてあげれば落ち着いてくれます。

縮毛矯正をするとペタンコになってしまうのでは?とお悩みの方は、ストレートパーマで緩く伸ばしてあげることをオススメします。

くせ毛の緩さを活かして、動きのあるパーマ風の髪型にするのもできるくせ毛です。

縮毛・しゅくもう

  • 縮れていてとても膨らみやすい
  • キューティクルが少なく乾燥しやすい
  • とても傷みやすい
  • ブローやストレートアイロンで伸ばしても、くせが戻りやすい
  • うねりが細かいので、カットだけでは対応しずらいこともある
  • 縮毛矯正でしっかり伸ばしてボリュームを抑える

くせのうねりがとても細かく、重なり合って広がってしまうくせ毛。

うねりが強いことでキューティクルが少なく、乾燥しやすく傷みやすい。

髪の毛にコシがないので、ブローやストレートアイロンで伸ばしてもキープできず、くせがまた出てしまう。

カットだけでは広がりを抑えられないので、縮毛矯正でしっかりくせを伸ばして扱い易くする方法もある。

捻転毛(ねんてんもう)・連珠毛(れんじゅもう)

  • もろくて切れやすい繊細なくせ毛
  • 病気でなってしまう人もいる
  • 膨らんだ部分と細くなった部分が交互にある
  • 細かいくせなので、肉眼では見えないほどわかりにくい
  • 髪の毛自体がもろく、細い部分が切れやすい
  • 手触りがゴワゴワしていて、櫛通りや指通りも悪い

髪の毛自体がとても細く、コシもないので切れやすい

病気で髪質が変わってしまう方もいる。

髪の太さが均一ではなく、太い箇所と細い箇所があり、デコボコしている。

肉眼では見えないほどの細かい捻りがある。

髪の毛自体にコシもなくデコボコしているので、櫛で梳かしても引っかかりやすく、指通りもあまり良くない。

まとめ

くせ毛にも種類があるので、あなたのくせ毛はどの種類になるのか?

特徴や対処法が違うので、あなたにあったくせ毛との付き合い方はどうしたらいいのか?

ぜひ参考になれば嬉しいです。

こちらも参考にしてみてくださいね。

毎日のストレートアイロンで「広がり」はなくなるの?

【ダメージの原因】を知って綺麗な髪の毛で過ごせる3つのヒント

  • この記事を書いた人
アバター

いしかわ とおる

【清澄白河の美容院「つむぎ」院長】 一般的なサロントリートメントをしても改善しない事に疑問を抱き、様々な薬剤を研究しています。 縮毛矯正 髪質改善トリートメントを日々追求し、髪の毛のお悩みに真摯に向き合って約18年。 様々な髪質に対して最適な処方を施術しています。

-お悩み相談室, パサつきについて
-,

© 2020 tumugi Powered by AFFINGER5