お悩み相談室

【お悩み】髪の毛がパサついてるときは、どうすればいいですか?

2017/09/27

髪の毛は季節に限らずパサつくことがあります。

今回のお悩みは「髪の毛がパサついてるときは、どうすればいいですか?」についてです。

 

【お悩み】髪の毛がパサついてるときは、どうすればいいですか?

  • 何をやってもパサついてしまう
  • 対処法がわからない
  • 原因がわからずいつの間にかパサついていた

 

髪の毛のパサつきには原因があります。

そのパサつく原因によって対処が違いますので

パサつきの原因について探っていきましょう。

 

 

パサつきの原因

1.ホームケアがきちんとできていない
2.カラーやパーマなどの薬によるダメージ
3.髪の毛の乾かし方でパサついてしまっている

以上のことが原因で髪の毛はダメージを負ってしまい

パサついてまとまりのない髪の毛になってしまいます。

 

 

 

1.ホームケア

日々の髪の毛のケアをするかしないかで

髪の毛のキレイさは変わります。

 

髪の毛は目では見えないキューティクルで守られています。

 

このキューティクルをキレイにしてあげることが

髪の毛のパサつきを抑えキレイな髪の毛にする第一歩です。

 

・ホームケアの順序
ブラッシング
 ↓
流し
 ↓
シャンプー
 ↓
シャンプー流し
 ↓
ブラッシング
 ↓
ドライヤー

ホームケアの詳しい方法はこちらを参考にしてみてくださいね
↓ ↓ ↓
【永久保存版】ホームケアで気をつけることはなんですか?

 

 

2.カラーやパーマなどの薬によるダメージ

髪の毛は生えてきた状態から回復することなく

減点方式で日々劣化していきます。

 

髪の毛をキレイな状態で維持するには

  • ホームケア
  • カラー・パーマなどでダメージを極力させない
  • 栄養補給

この三つのことが欠かせません。

 

その中でカラーやパーマなどのダメージは

美容院や自宅でのセルフカラーによって起こりえます。

 

いかに髪の毛に負担を与えずにカラーやパーマを楽しむかは

毎度の施術で髪の毛にダメージを蓄積しないかにかかっています。

 

安心して任せられる美容師さんを探すのも一つのケアとも言えます。

 

3.髪の毛の乾かし方でパサついてしまっている

髪の毛を乾かす時にどうしても早く乾かしたいからといって

頭皮に直接熱風を当てていませんか?

 

髪の毛にドライヤーの吹き出し口を直接当てることは

パサつきの原因である髪の毛の乾燥とダメージにつながります。

 

ドライヤーの風を頭皮に当てても熱くない程度の距離で

乾かしてあげることで髪の毛をキレイに保つことができます。

 

 

髪の毛のパサつきは髪の毛のダメージや乾燥からきます。

しっかりケアしてあげることでパサつきを抑えられますので

お試しいただければと思います。

  • この記事を書いた人
アバター

いしかわ とおる

【清澄白河の美容院「つむぎ」院長】 一般的なサロントリートメントをしても改善しない事に疑問を抱き、様々な薬剤を研究しています。 縮毛矯正 髪質改善トリートメントを日々追求し、髪の毛のお悩みに真摯に向き合って約18年。 様々な髪質に対して最適な処方を施術しています。

-お悩み相談室
-,

© 2020 tumugi Powered by AFFINGER5