TEL
LINE@
 
髪のお悩み相談室

シャンプーをする時に爪を立てて洗うのは頭皮に良くない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛を洗う時に、どうしても爪を立てて洗ってしまうことがある方へ。

爪を立てて洗うことは、頭皮への影響があります。

では、頭皮に対してどんな影響があるのでしょうか?

 

 

 

そもそも、爪を立てて洗うのは良くないの!?

髪の毛を洗う時に、爪を立てて洗うことはいいのか?悪いのか?

あまり気にした事がない方が多いかもしれませんが、爪を立てて洗う事は頭皮にとって良くありません。

 

 

 

頭皮をガシガシと力強く洗うのも良くないの!?

短い髪の毛の方や頭皮に痒みがある方は、髪の毛よりも頭皮をガシガシと力を込めて洗う方が汚れが良く落ちると思っていませんか?

それは間違いです。

頭皮はとても繊細にできているので、爪を立てて強く擦ってしまうと頭皮が傷ついてしまい、炎症を起こしてしまったり、毛根を傷つけてしまって生えてこなくてなる場合も考えられます。

 

 

頭皮の厚みは意外と薄い!?

頭皮はとても繊細と書きましたが、皮膚の表面はティッシュ2枚分程しか厚みがありません。

その厚みを越えてしまうと、頭皮は傷つき、乾燥しやすくなってしまったり、炎症を起こす原因となります。

 

 

繊細な頭皮の洗い方

髪の毛の汚れはシャワーで8割は落ちると言われています。

その残りの2割の汚れを落としていくイメージになります。

  1. 手のひらでシャンプー剤をしっかり泡だてます。
  2. 髪の毛を中心に泡を付けていき、頭皮には直接付けないでください。
  3. 指先ではなく、指のお腹を使って優しく揉み込むように洗っていきます
  4. 泡が全体についていれば汚れも落ちますので、流します。
  5. 泡が頭皮に残らないようにしっかり流してください。

 

 

 

爪を立てない洗い方・まとめ

頭皮はとても繊細で傷つきやすいものです。

見た目ではわからない小さい傷がつきやすく、頭皮トラブルの原因になるかもしれません。

爪を立てて傷を付けないように、指のお腹を使って優しくシャンプーしてげてくださいね。

 

 

【お悩み】1日に2回シャンプーで髪を洗うのは髪に良くないですか? つむぎ美容院 清澄白河

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加