縮毛矯正・ストレート

縮毛矯正とストパーどちらの方が傷みやすいですか?

2020/01/30

縮毛矯正とストパーと言われるストレートパーマは別物とも同じとも言えます。
どちらが髪の毛にとって傷みやすいのか?
それぞれの特徴から考えていきましょう。

縮毛矯正とストパーどちらの方が傷みやすいですか?

傷みやすいとすれば縮毛矯正の方が傷みやすいと言えます。
どうして縮毛矯正の方が傷みやすいのか、この2つの違いからご説明しますね。

縮毛矯正の方が傷みやすいのはどうしてか?

ポイント


縮毛矯正とは薬剤で髪の毛のうねりを取り除いて、高温のアイロンによって形を記憶させる施術です

薬剤だけでなく高温のアイロンを使った施術が入ります。

ポイント


ストレートパーマとは薬剤だけで髪の毛のうねりを弱める施術です。

ストレートパーマは縮毛矯正と違い、高温のアイロンを使わずに薬剤だけでうねりを弱めます。

どちらも薬剤を使う事は同じですが、「高温のアイロン」を使うという点が違います。
では、縮毛矯正とストレートパーマの違いについて詳しくご説明していきます。

縮毛矯正とストパーの薬剤の違いは?

縮毛矯正に使われる薬剤とストパーに使われる薬剤はほとんど同じです。
うねりの強さや髪質によって薬剤の強さを調節するので、髪の毛の状態によっては強い薬剤を使う事もあります。
ただ、縮毛矯正はしっかりうねりを取り除く。
ストパーはうねりを弱める程度。
求めている仕上がりが違うので、まっすぐにしたければ縮毛矯正ですが、パーマを落としたり少しだけうねりをおさめたいのであればストパーになります。
しっかり髪の毛のうねりを伸ばしたければその分薬剤も強くなり、あまり伸ばさなくてよければ薬剤も弱くなります。
目的や仕上がりのイメージによって縮毛矯正とストパーでは薬剤の強さが変わります。

縮毛矯正の方が傷みやすい原因の高温アイロンとは?

縮毛矯正とストパーの大きな違いは「高温のアイロンの施術」があるかどうか。
縮毛矯正は薬剤と高温アイロンを使う事によって、髪の毛のうねりを取り除いた状態を記憶させることができます。
傷みやすいというのは薬剤と高温アイロンのバランスと、髪の毛の体力を見極められるかどうかで決まります。
体力を残せる施術をすれば傷みは最小限に抑えられるので、ストレートパーマと変わらない仕上がりになります。
単に高温のアイロンを使うことだけが髪の毛の傷みになるのでは無く、美容師さんの技術で傷ませないように施術できるかどうかがとても重要です。

まとめ

縮毛矯正とストレートパーマでは目的や仕上がりが異なる施術になるんですよね。
この辺りを理解していただいて、縮毛矯正をかけた方がいいのか?
ストレートパーマでも十分なのか?
担当の美容師さんにご相談ください♪

こちらの記事も参考にお読みください。
【くせ毛別】どれがいいの?縮毛矯正・ストレートパーマ・トリートメントおすすめ3選

  • この記事を書いた人

いしかわ とおる

【清澄白河の美容院「つむぎ」院長】 一般的なサロントリートメントをしても改善しない事に疑問を抱き、様々な薬剤を研究しています。 縮毛矯正 髪質改善トリートメントを日々追求し、髪の毛のお悩みに真摯に向き合って約18年。 様々な髪質に対して最適な処方を施術しています。