縮毛矯正

縮毛矯正とは?かけるか迷う前に知るべき効果とデメリットを徹底解説!

縮毛矯正とは?かけるか迷う前に知るべき効果とデメリットを徹底解説!
  • 縮毛矯正はどんな技術?
  • かけるとどんな効果があるの?
  • 縮毛矯正のデメリットも教えて欲しい

縮毛矯正とは、髪のくせ毛をまっすぐに伸ばす美容院のメニューの1つです。

縮毛矯正には髪のくせ毛をまっすぐ伸ばし、扱いやすくして綺麗にする効果があります。

しかしデメリットもあるので注意しなくてはいけません。

この記事では縮毛矯正をかけて綺麗な髪にするために、効果とデメリットを解説します。

いしかわ

縮毛矯正をかけたことがない人は効果をぜひ知ってほしいけど、デメリットも理解してからかけることをおすすめします。

縮毛矯正とは?

縮毛矯正とは?

縮毛矯正とは、髪に薬剤をつけてくせを取り除き、ストレートアイロンでまっすぐにした状態を2液の効果で維持させる技術の事です。

  1. 薬剤でうねり・ねじれを取り除く
  2. ストレートアイロンの熱でまっすぐに固定する
  3. 2液でまっすぐの状態をしっかり形状記憶させる

くせ毛はうねりやねじれの状態で固まっていてることでくせがでたままになってしまいますが、薬剤でうねりやねじれを取り除きストレートアイロンでまっすぐにした状態を2液で固定し直します。

この工程で縮毛矯正をかけてまっすぐな状態にした髪は、ほとんどの場合半永久的に持続できます。

薬剤でうねり・ねじれを取り除く

 薬剤でうねり・ねじれを取り除く

くせ毛の箇所に縮毛矯正の薬剤を浸透させ、うねりやねじれをやわらかくします。

この工程では完全にくせを取り除くことはできませんが、ある程度のくせがとれた状態までしていきます。

髪の状態によって薬剤を使い分けないとダメージが深刻になるので注意が必要な工程です。

いしかわ

チリチリになってしまうビビり毛は薬剤が強すぎることが原因で起きることが多いので経験と知識が必要。

ストレートアイロンの熱でまっすぐに固定する

ストレートアイロン

薬剤でくせをやわらかくした後は髪を乾かしてからストレートアイロンの熱でまっすぐな状態に固定していきます。

熱の効果で薬剤をさらに反応させてくせを取り除き、うねりやねじれがまっすぐな状態で固まります。

引っ張りすぎたり熱が高すぎるとダメージになるので細心の注意が必要です。

いしかわ

うねりやねじれたままだと綺麗にまっすぐ伸びないので、経験と技術が必要。

2液でまっすぐの状態をしっかり形状記憶させる

 2液でまっすぐの状態をしっかり形状記憶させる

最後の工程は2液と呼ばれる薬剤でまっすぐな状態に固めて維持できるようにします。ここまでで縮毛矯正の工程は終わりです。

薬剤とストレートアイロンが髪質にしっかり合えば、髪もダメージをおうことなく綺麗にまっすぐ伸びてくれます。

いしかわ

サラサラなストレートヘアにあこがれている人は縮毛矯正をかけることをおすすめします。

縮毛矯正の効果は?

縮毛矯正の効果は?
  • くせ毛を半永久的にまっすぐに伸ばす
  • パサつきをおさえて綺麗なツヤ髪にする
  • ボリュームダウンできる

縮毛矯正の効果はくせ毛をまっすぐに伸ばすことだけではなく、髪を綺麗にする効果もあります。

うねりやねじれでツヤが無く見えたりパサついている毛先をしっとりとおさえてくれる効果があります。

くせ毛で広がってしまいボリュームがおさえられないような髪も、スルッとした艶やかなストレートヘアに。

いしかわ

くせ毛でお悩みの人だけでなく髪を綺麗にしたいと思っている人にも縮毛矯正をおすすめします。

くせ毛を半永久的にまっすぐに伸ばす

縮毛矯正はくせ毛をまっすぐに伸ばし半永久的にもたせるメニューのこと。弱いくせ毛や強いくせ毛の人にかける人が多いです。

とくにくせ毛の人に多いお悩みは以下になります。

  • 雨の日は湿気で髪がまとまらない
  • 前髪や一部だけくせ毛が気になってまっすぐにしたい
  • チリチリした細かい髪がでてきてパサついている

縮毛矯正をかける理由はくせ毛でパサついて髪がまとまらずツヤがないからです。

うねりやねじれが気になる人もいますが、なによりスタイリングが楽になることが縮毛矯正をかけ続ける1番のメリットになります。

パサつきをおさえて綺麗なツヤ髪にする

最近ではくせ毛の人だけでなく、パサつきや広がりが気になる人も髪を綺麗にするために縮毛矯正をかけています。

全体的ではなく頭頂部の表面だけでも縮毛矯正をかけることで綺麗なツヤ髪になるので、ここ数年で縮毛矯正をかける人は増え続けています。

くせ毛じゃないと縮毛矯正はかけられないのでは?と思う人もいますが、そんなことはありません。

パサつきや広がりをおさえて髪を綺麗にする方法として縮毛矯正が人気になっています。

ボリュームダウンできる

くせ毛にはうねりやねじれによって内側から広がってしまうので、縮毛矯正でまっすぐに伸ばすとボリュームダウンします。

朝起きたら髪が爆発している人が、毎日何もしなくても綺麗なストレートヘアになってストレスがなくなった!と感想を多くいただきます。

くせ毛の爆発に悩んでいる人は縮毛矯正でボリュームダウンすることで日々のストレスがなくなります。

縮毛矯正と薬剤の種類

縮毛矯正と薬剤の種類

縮毛矯正の種類

  • アルカリ縮毛矯正
  • 弱酸性縮毛矯正
  • コスメ縮毛矯正

縮毛矯正と薬剤の関係には種類があり、内容が異なることがほとんどです。

「プラチナ縮毛矯正」や「M3D縮毛矯正」などいろんな名前がありますが、縮毛矯正の種類は大きく分けてこの3種類に分類されます。

薬剤の種類や施術の作業工程が違うので、それぞれの特徴などを解説していきます。

アルカリ縮毛矯正

一般的な縮毛矯正のほとんどがアルカリ縮毛矯正です。この理由はほとんどの美容院に流通している縮毛矯正剤がアルカリ剤を使用しているからです。

アルカリ剤とは髪を膨潤させて薬剤が浸透することで、うねりやねじれの元となる組織を一度引き離す効果があります。

薬剤の力が強いのが特徴で、強いくせ毛には高い効果がありますがその反面ダメージを負ってしまうリスクも持ち合わせています。

メリット

  • 硬い髪や強いくせ毛に対応できる
  • 薬剤の反応速度が早い

デメリット

  • 細い髪やダメージ毛には強すぎることも
  • 薬剤の見極めができないとチリチリになるリスクがある

アルカリ縮毛矯正は強いことがメリットですが、コントロールできないと失敗につながるリスクがあるので注意したい薬剤です。

弱酸性縮毛矯正

髪への負担が少ないことからここ何年かで増えてきたのが弱酸性縮毛矯正です。

細い髪やダメージ毛にも負担をかけずに縮毛矯正をかけられることから、年々使用している美容院が増えてきています。

しかし、髪への負担が少ないからと言ってデメリットがないわけでもありません。

メリット

  • アルカリ縮毛矯正よりも髪への負担が少ない
  • 細い髪やダメージ毛にも対応しやすい

デメリット

  • 薬剤の負担は少ないけどストレートアイロンでの負担が多い
  • 美容師の経験不足でくせ毛が伸びないことも

アルカリ剤と違って髪を膨潤させる効果が低いので負担が少ないと思われがちですが、くせ毛を伸ばせるだけの力があるので当然負担もあります。

ストレートアイロンの使い方がアルカリ縮毛矯正とは違う点でもあるので、より技術が求められます。

失敗という点では「伸びなかった」なら再度かけられますが、弱酸性縮毛矯正でのダメージは深刻なケースが多いので美容師選びは注意しましょう。

コスメ縮毛矯正

他の縮毛矯正剤と違いコスメ(化粧品登録)の薬剤を使う縮毛矯正です。

化粧品登録された薬剤はアルカリ剤や弱酸性剤よりも作用する力が弱く、髪への負担がとても少ないのが特徴です。

そのため、くせ毛をまっすぐにする効果が弱いので硬い髪や強いくせ毛をまっすぐに伸ばす効果は期待できません。

メリット

  • 髪への負担がとても少ない
  • 髪を綺麗にする効果が期待できる

デメリット

  • くせ毛を伸ばす効果が少ないので硬い髪や強いくせ毛はまっすぐに伸ばせない

デメリットはくせ毛が伸ばせないという点だけで髪を綺麗にしたい場合はとても良い薬剤です。

悪い点はあまりありませんが、コスメ縮毛矯正という名前だとくせ毛をしっかり伸ばしてくれるという期待があります。

くせ毛をしっかり伸ばしたい人にはおすすめできませんが、髪を綺麗にする効果としてはとても優れています。

縮毛矯正のやり方

縮毛矯正のやり方
  1. シャンプーで髪の汚れを洗い流す
  2. くせ毛を伸ばしたいところに1剤を塗布する
  3. くせ毛に薬剤が浸透するまで時間をおいてから1剤をしっかり流す
  4. ドライヤーでしっかり乾かす
  5. ストレートアイロンでくせ毛の箇所を伸ばしながら熱を当てていく
  6. 2剤をつけしっかり薬剤が反応する時間をおく
  7. 2剤をしっかり流してトリートメント等でヘアケアする

一般的な縮毛矯正のやり方はこのようになります。

縮毛矯正は薬剤とストレートアイロンでくせ毛をまっすぐに伸ばしますが、とても難しい技術の1つです。

やり方はどの美容院でもほぼ同じ工程ですが、判断をあやまればダメージがひどいチリチリの髪になってしまう可能性もあります。

縮毛矯正のやり方で注意すべき3点

  • 髪質に合わせた薬剤の選び方
  • 薬剤の塗布
  • ストレートアイロンの使い方

これを重点的に意識することで縮毛矯正の仕上がりは変わります。

縮毛矯正ではストレートアイロンを使いますが、温度が高いものだと220°Cまで上がるものもあります。

コテを使った経験がある方はわかるかもしれませんが、ストレートアイロンの熱くなるプレート部分が肌に当たると、一瞬で火傷するくらい熱くなっています。

火傷の原因にもなりますし、髪を傷つけてしまう恐れもあるので自分でやるにはとても難しいので避けた方がいいでしょう。

縮毛矯正にかかる時間

縮毛矯正にかかる時間

縮毛矯正にかかる時間は約3時間~5時間になります。

時間がかかる要因

  • 髪の長さ・量・硬さ
  • くせ毛の強さ
  • 薬剤が反応する時間
  • 乾かす時間
  • ストレートアイロンにかかる時間

縮毛矯正にかかる時間は髪質によって変わります。

髪が短くて細くて少なく薬剤がすぐに反応するようであれば早い、髪が長くて太くて多く薬剤の反応が遅ければ時間もかかる。

とはいえ、美容師さんの手際が良ければ早く終わるということもあるのでかかる時間はあくまで目安になります。

縮毛矯正とカラーの順番はどっちが先?

縮毛矯正とカラーの順番はどっちが先?

おすすめの順番

  1. 縮毛矯正が先
  2. カラーが後

縮毛矯正とカラーの順番は、縮毛矯正を先にかけてからカラーをするのがおすすめです。

理由としては縮毛矯正剤でカラーが色落ちする可能性があるので、先に縮毛矯正をしましょう。

髪へのダメージをコントロールしやすいという点でも、カラーが後の方が髪への負担をおさえることができます。

縮毛矯正とカラーを違う美容院でやってもらうか迷ってる人はコチラの記事が参考になります👇

縮毛矯正とカラーリングは違う美容院でやってもらっても大丈夫ですか?

縮毛矯正のデメリット

縮毛矯正のデメリット

縮毛矯正はくせ毛をまっすぐに伸ばして髪を綺麗にできることは分かってきたけど、かける場合デメリットはあるのか?

縮毛矯正をかけるデメリットとして考えられるのは以下になります。

  1. 金銭的な問題
  2. 髪へのダメージ
  3. カラーやパーマに影響する
  4. 定期的にかけ続けないといけない

縮毛矯正をかける場合のデメリットは4つあるので解説していきます。

金銭的な問題

  • 通常のメニューよりも金額が高い

約3ヵ月~6か月の周期なので、1年で考えると2回~4回かける計算になります。

縮毛矯正の相場は約10,000~30,000円なので、通常メニューよりも高額メニューになります。

金銭的に難しいという人は縮毛矯正を続けていくのが困難かもしれません。

しかし、かけ続ける人はそれ以上にくせ毛で悩んでいたり髪を綺麗にできるメリットの方が大きいです。

髪へのダメージ

  • カラーやパーマよりダメージする可能性がある

縮毛矯正の髪へのダメージは薬剤によってチリチリに傷んでしまう可能性もあります。

髪質と薬剤が合っていればあまり傷ませないこともできますが、とても難しい選択になります。

髪へのダメージを避けるためにも、髪質とダメージを見極められる美容師さんの技術に頼るしかありません。

カラーやパーマに影響する

  • カラーの色の入りが悪くなる
  • ブリーチで明るくできない
  • パーマがかからなくなる

縮毛矯正は髪を引き締める効果があるので、カラーの色の入りが悪くなったりパーマがかからなくなってしまいます。

ブリーチは髪への負担がとても大きいので、縮毛矯正をするのであれば避けた方がいいでしょう。

しかし、カラーの色の入りは悪くなりますが染まらないわけでもありませんが、アッシュや色の抜けが早いカラーはもちがわるいです。

一般的なパーマはかけられなくなりますが、デジタルパーマであればかけることは可能です。

定期的にかけ続けないといけない

  • 1度全体をかけると定期的にかけ続けないといけない
  • 毎回3~5時間かかってしまう

縮毛矯正は1度かけたところはくせ毛がまっすぐになりますが元のくせ毛はまたうねりやねじれて生えてきます。

縮毛矯正でまっすぐな髪と生えてきたくせ毛の差が目立ってきてしまうので、定期的にかけ続けないといけません。

その度に約3~5時間かかってしまうので、時間と労力に余裕がないとかけ続けるのは難しいかもしれません。

しかし、くせ毛があつかいやすくなり髪が綺麗になるので1年に数回の頻度であればがんばってかける価値があるのが縮毛矯正です。

縮毛矯正を失敗してしまう原因

縮毛矯正を失敗してしまう原因

縮毛矯正の失敗は大きく分けると以下の3つになります。

縮毛矯正の失敗原因

  • くせ毛が伸びずうねりが残る
  • ぺったんこになってしまう
  • チリチリのビビリ毛になってしまう

縮毛矯正をかけてまっすぐに伸びなかった場合はやり直しがききますが、ぺったんこやチリチリは戻すことが難しい失敗です。

縮毛矯正で失敗しない為にも、原因を解説していきます。

くせ毛が伸びずうねりが残る

縮毛矯正の失敗で1番多いのがくせ毛が伸びないことです。くせ毛が強かったり薬剤の反応が足りないことでおこる失敗です。

くせ毛が伸びない原因として以下の理由が考えられます。

くせ毛が伸びない原因

  • くせ毛の強さや髪質に薬剤が合っていなかった
  • 髪に薬剤がしっかり塗れていなかった
  • ストレートアイロンでしっかり伸ばせていなかった

くせ毛が伸びない原因は薬剤やストレートアイロンに原因があります。

くせ毛と髪質を見極めて縮毛矯正をかけないと、しっかり伸ばすことができないので注意が必要です。

ぺったんこになってしまう

縮毛矯正の失敗でぺったんこになる原因は、薬剤が強すぎたり根元が折れてしまうことがあります。

ぺったんこになる原因

  • 薬剤が強すぎて髪が細くなりコシがなくなった
  • 根元から折れてしまった

この原因で1度ぺったんこになってしまうと、髪が生えかわるまで改善は難しいです。

薬剤が強すぎて髪のコシがなくなった場合は、生えてくる髪が生え変わるまで待つしかありません。

しかし、根元が折れてしまった場合は折れた個所を縮毛矯正でかけ直すことでまっすぐに戻すことが可能です。

1度縮毛矯正をかけて折れてしまった箇所をなおすのは難しいので、髪の状態を美容師さんと相談しましょう。

チリチリのビビり毛

チリチリのビビり毛

チリチリのビビり毛になる原因

  • 薬剤が強すぎる
  • ストレートアイロンのよる過剰な熱・ひっぱり

こちらのマネキンは薬剤・アイロンで髪の毛に通常よりも10倍以上の負担をかけることで、髪の毛を維持できなくさせてるくらいのダメージを加えたものです。

この状態のことを「ビビリ毛」と言います。

*クシや指も通らないほどゴワゴワでバサバサです。

これが縮毛矯正の失敗で一番ひどい状態です。

このような状態になってしまってからは髪を修復するのが困難を極めるため、カットしてビビリ毛の部分をなくしていく方法が最適となります。

縮毛矯正のダメージ

縮毛矯正のダメージ

ダメージの原因

  • 薬剤
  • ストレートアイロン

縮毛矯正のダメージの原因は以上2つの工程で起こります。

縮毛矯正は薬剤が髪の内部に浸透して髪を膨潤させてくせ毛をくずし、ストレートアイロンで髪を挟み込んで物理的な力と熱の力で伸ばすものです。

ダメージした髪の状態は手触りも悪くひっかかるで、ちぎれた髪はチリチリになってしまうことも。

ダメージが原因でなってしまう症状

  • ゴワゴワになった
  • サラサラにならない
  • 艶がなくパサパサする

縮毛矯正のダメージが原因でゴワゴワやパサパサな症状にならならいために解説していきます。

ゴワゴワになってしまう原因

  • カラーやパーマなどを繰り返していて負担が大きい
  • 髪質がとても繊細で負担をかけすぎてしまう
  • 縮毛矯正の薬剤のパワーが髪質に合わず強すぎる

髪には綺麗な状態でいられる体力の限界があります。

その限界を超えてしまうとゴワゴワになりまとまらず、自分では扱えない髪の毛にまでなってしまうこともあります。

そうならないためにも原因を知ることで対応できるようにしておきましょう。

縮毛矯正でゴワゴワになりたくない人はコチラの記事が参考になります👇

【縮毛矯正】ゴワゴワになってしまうダメージの原因とは?

サラサラにならない原因

  • ヘアカラーやパーマなどを繰り返していて負担が大きい
  • 髪質がとても繊細で負担をかけすぎてしまう
  • 縮毛矯正の薬剤のパワーが髪質に合わず強すぎる

大きく分けると「ダメージ」と「技術」が原因です。

もともとの髪質がゴワゴワでも、サラサラにするのが縮毛矯正です。

では、サラサラにならなかった原因となるダメージと技術について詳しくは以下の記事で解説しています。

縮毛矯正でサラサラにならない原因について詳しく知りたい人はコチラの記事が参考になります👇

【お悩み】縮毛矯正でサラサラでなく、ゴワゴワになる原因とは?

艶がなくバサバサする

  • トリートメントでコシをつける
  • ブロー・ストレートアイロンで伸ばす
  • 縮毛矯正で艶髪にする

縮毛矯正で艶がなくバサバサな髪を綺麗にしたい人はコチラの記事が参考になります👇

【お悩み】縮毛矯正でサラサラでなく、ゴワゴワになる原因とは?

縮毛矯正をするなら美容院選びが重要

縮毛矯正をするなら美容院選びが重要

縮毛矯正を安心してかけてもらえる美容院の探し方はコチラの記事が参考になります👇

縮毛矯正が東京で上手い美容院とは?ダメージレスで安いおすすめは?

まとめ

縮毛矯正

僕たちは常に進化していかなくてはいけませんし常に勉強していかなければいけません。

時代の多様化による早いスピード感に追いついていかないと、これからは今までになかったことばかり起こっていきますからね。

髪の毛もそうだと思っています。

頭に平らなパネルを薬剤と一緒に貼り付けるのがストレートパーマだった時代から、乾かしてストレートアイロンでまっすぐ形状記憶させる縮毛矯正に進化しました。

今ではツンツンにしない柔らかい縮毛矯正・ストレートパーマにまで進化してきました。

パーマも電髪(パーマの昔の呼び方)と呼ばれたところからスタートして、今ではデジタルパーマやエアウェーブと言うパーマが存在します。

それぞれが違った髪の毛への負担があるので髪の毛の状態も時代や人によって様々です。

これから縮毛矯正・ストレートパーマもさらに進化していくことを考えると、立ち止まっていい技術なんてありません。

その時代にあった技術のご提案を皆様に提供するのが僕達の使命です。

以上、長くなりましたが縮毛矯正・ストレートパーマについて書かせていただきました。

最高の技術・最高のサロンにしていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

これだけキレイな縮毛矯正・ストレートパーマはつむぎにお任せください!

縮毛矯正をかけるか迷っている人はコチラの記事が参考になります👇

【くせ毛別】どれがいいの?縮毛矯正・ストレートパーマ・トリートメントおすすめ3選