お悩み相談室

ひどい切れ毛になってしまったらどうすればいいですか?

2017/11/23

切れ毛とは、毛が傷んでしまって裂けてしまうことから起こることです。

髪の毛がとてもひどい切れ毛で、指通りも悪いしひっかかる。

触るたびに細かい髪の毛がぽろぽろ落ちてきて、どうしたらいいのかわからない。

もとの髪の毛は健康なのに、そもそもなんで切れ毛がひどくなったのか分からない。

原因が分かると対処もできますので、原因を探してみましょう。

ひどい切れ毛になってしまったらどうすればいいのか?

髪の毛に触れば触るほどぽろぽろと落ちてくる細かい毛。

これらの落ちてくる細かい毛の原因は「切れ毛」によるものです。

この切れ毛がどうしてなくならないのか?

そもそもなんでできてしまったのか?

日頃の生活から見直していきましょう。

美容施術によるダメージが原因かも!?

ダメージの原因の一つでもある「美容施術」ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正・カット。

これらが髪の毛にダメージを与えてしまうことで、切れ毛というものはできてしまいます。

この「美容施術」が原因だとすれば、施術行程で髪の毛に多大なダメージを負わせている可能性が考えられます。

髪の毛へのダメージを防ぐ方法としては、担当の美容師さんによりますので、信頼できる方にダメージの相談をして対処してもらうことが最適です。

髪の毛に触れることが原因かも!?

髪の毛はキューティクルという層で守られていますが、触れることによって層は少しづつはがされていまいます。

キューティクルが剥がれていくことで、髪の毛はもとの状態を保てなくなり、次第に裂けてしまいます。

触り続けて裂けてしまった状態が「切れ毛」となります。

肩に触れていることも原因!?

触れることが「切れ毛」の原因となりますが、肩に触れていることも実は切れ毛の原因ともなります。

肩にふれると、髪の毛は肩で常に触れて擦られていることになります。

肩に当たって擦られることも、髪の毛にとってはキューティクルが剥がされていく事になるので、切れ毛の原因となります。

自然乾燥も切れ毛の原因!?

髪の毛を乾かさずに、濡れている状態でいたり寝てしまったりすることを「自然乾燥」といいます。

髪の毛が濡れるとキューティクルの層は開きます。

このキューティクルは、乾かさないと開いたまま乾いてしまうことがあります。

開いたままの状態で擦られたり触ったりすることでキューティクルが剥がされ、切れ毛となってしまいます。

多くの方はこの「自然乾燥」が原因で、切れ毛がなくなりません。

しっかり乾かしてあげることで切れ毛を防げますので、気をつけていただくといいかと思います。

切れ毛になったらどうすればいいのか?

切れ毛の対処法は、切れて裂けてしまっている部分は切るしかありません

髪の毛は一度裂けてしまうと、トリートメントをしても、美容施術をしても治るものではありません。

切れてしまっている部分は、これ以上裂けて切れ毛が広がらないように、裂けていない部分まで切ってあげることで無くすことができます。

長さを切らずにどうにかしたい場合は、一度ご相談ください。

まとめ

  • 美容施術によるダメージが原因かも!?
  • 髪の毛に触れることが原因かも!?
  • 肩に触れていることも原因!?
  • 自然乾燥も切れ毛の原因!?

それぞれの原因から「切れ毛」になることがほとんどと言えます。

一度なった切れ毛は治せません。

「切れ毛」をこれ以上作らないためにも、髪の毛との付き合い方を見直してみるのもいいかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
アバター

いしかわ とおる

【清澄白河の美容院「つむぎ」院長】 一般的なサロントリートメントをしても改善しない事に疑問を抱き、様々な薬剤を研究しています。 縮毛矯正 髪質改善トリートメントを日々追求し、髪の毛のお悩みに真摯に向き合って約18年。 様々な髪質に対して最適な処方を施術しています。

-お悩み相談室
-,

© 2020 tumugi Powered by AFFINGER5