シルク髪質改善とは

縮毛矯正をしたら髪の毛がぺったんこになってしまった?

自然でふっくらしたストレートヘアにしたかったのに、ボリュームがなくなってぺったんこに。。。
くせ毛の膨らみは気になるけど、ぺったんこにはしたくない。
どうして思っていたよりもぺったんこになってしまったのか?
原因を探ってみましょう。
 
 

縮毛矯正をしたら髪の毛がぺったんこになってしまった?

縮毛矯正とは髪の毛のうねりを取り除く技術の事になります。
うねりが広がりや膨らみの原因になるので、それらを取り除くとボリュームがなくなります。
ただボリュームがおさまっただけではなく、ぺったんこになったというのはどういう状況なのでしょうか。
 
 
 

縮毛矯正でぺったんこの原因として考えられる事はコチラ

ポイント

  • 縮毛矯正の薬剤が根元にもついてしまい、根元から折れている状態
  • 不自然なくらいツンツンした仕上がりになってしまった
  • 縮毛矯正の仕上がりには問題はないが、本人が思っていたよりもボリュームがなかった

この3つが主な原因として考えられます。
それぞれについて説明していきます。
 
 

縮毛矯正の薬剤が根元にもついてしまい、根元から折れている状態

この状態が原因だとすると、縮毛矯正の施術での失敗になります。
縮毛矯正の薬剤を根元につけてしまうと髪の毛が不自然な角度で折れてしまう原因となり、ぺったんこどころか髪の毛が切れてしまう「根折れ」という状態になります。
こうなってしまうと修正も難しく、不自然なくらい頭にひっついたようなぺったんこになってしまいます。
担当の美容師さんの技術で失敗されない事で回避するしかありません。
 
 

不自然なくらいツンツンした仕上がりになってしまった

髪の毛はまっすぐな状態でも、緩やかに自然な丸みがあります。
この自然な丸みができないほどにツンツンになってしまうのは、美容師さんの縮毛矯正の技術が原因です。
髪の毛の内部にある自然な丸みを壊すほどに強い薬剤や、過度の高温アイロンのプレスによって髪の毛は潰されて不自然なくらいツンツンになります。
こちらも担当の美容師さんの技術で失敗されない事で回避するしかありません。
 
 

縮毛矯正の仕上がりには問題はないが、本人が思っていたよりもボリュームがなかった

初めて縮毛矯正をかけてみたらくせ毛のボリュームが縮毛矯正によっておさまるので、そのギャップに違和感を感じてしまったかもしれません。
クセがあってボリュームがある方が似合うので、ぺったんこに感じたかもしれません。
ヘアスタイルでもぺったんこに感じたりするので、縮毛矯正とヘアスタイルは合わせて美容師さんに相談してみてくださいね。
 
 

まとめ

ISHIKAWA
縮毛矯正でぺったんこに感じてしまう原因は本人の感じ方でもありますが、担当の美容師さんの施術の失敗が原因かもしれません。
本人の感じ方やヘアスタイルが原因ではない場合は、担当の美容師さんに縮毛矯正の仕上がりについてしっかり相談してみてくださいね♪

 
 
 

  • この記事を書いた人
アバター

いしかわ とおる

【清澄白河の美容院「つむぎ」院長】 一般的なサロントリートメントをしても改善しない事に疑問を抱き、様々な薬剤を研究しています。 縮毛矯正 髪質改善トリートメントを日々追求し、髪の毛のお悩みに真摯に向き合って約18年。 様々な髪質に対して最適な処方を施術しています。

-シルク髪質改善とは

© 2020 tumugi Powered by AFFINGER5